Le Corbusier(ル・コルビュジェ) LC4 買い取りしました

こんばんは

寒いですね

寒すぎますね

こんな日は暖かい部屋で珈琲でも飲んでくつろぎたいですね

そんな時にもってこいなのを紹介します

08

ル・コルビジェのLC4です

 

Le Corbusier(ル・コルビュジェ)

1887年スイス生まれ。

 本名はシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリ。 20世紀フランスの代表的な建築家であり、「近代建築の三大巨匠」の一人に数えられている。

父は時計職人で、家業を継ぐため美術学校で彫金や彫刻を学ぶ。

その後、パリやベルリンで建築家の下で働く。その後は、建築だけでなく絵画、彫刻、家具など多方面にわたりクリエイティブに活動した。

1920年には評論雑誌「エスプリ・ヌーヴォー(新しい精神)」を創刊。この頃に母方の祖父名のル・コルビェジェをペンネームとする。

装飾を拝して機能主義を追及するコルビジェらを考え方を雑誌名にちなんで「エスプリ・ヌーヴォー」と呼ぶこともある。

コルビジェはオランダのデ・スティルから大きな影響を受けたと言われる。

 椅子や家具については、1927年〜1929年にシャルロット・ぺリアンや従兄弟で建築家のピエール・ジャンヌレと合作した「シェーズ・ロングLC4」や「グランコンフォートLC2」などのスチール製のチェアが有名。

コルビュジェは「家は住むための機械である」という有名な言葉を残しているが、家具に対しても機能的で効率的な装備であると捉えていた。

ただし機能的だけでなく芸術的な優美さを兼ね備えておかなければならないという彼の思いが作品の随所に見られる。彼はあらゆる表現方法を駆使し、総合芸術を目指したアーティストであったといってよいでしょう。

また、建築家として日本においては東京・上田の国立西洋美術館を設計するなど日本の建築にも影響を与えている。

日本の近代建築に大きな功績を残した前川國男、板倉準三、吉阪隆正らはパリのアトリエでコルビェジェに師事していた。さらにそれらの建築家の下で働いた人々がその後デザイナーとして活躍していった。

 

リサイクルショップキミドリではカッシーナやコルビジェの買い取りも行ってますのでまずはご連絡下さい

 

0121-396-044

CATEGORY:デザイナーズ家具の買取リサイクルショップ岡山キミドリ買取分室スタッフブログ新着情報家具の買取

TAGS:タグ:

家具や家電の買取ならリサイクルショップキミドリへ